七輪陶芸の世界へようこそ! - 七輪陶芸は気軽に出来る陶芸です。その日に出来上がる七輪陶芸の魅力をたっぷりとご覧下さい。
陶芸系検索サイト陶芸サーチは陶芸に関する様々な情報を紹介しています。陶芸ショップ、陶芸教室、イベント情報など。

縄文の風を感じながら

 


 

早々と梅雨明けした福岡は、猛暑続き、こんな中、七輪陶芸をするのは、自殺行為ということで、今回は、吉田先生の著書『いつでも、どこでも、縄文・室内陶芸―その辺のものを型とし、灰で乾燥、燠や炭で焼き上げてしまう画期的な技法!』を参考に、縄文式土器を焼いてみようと思いました。

 

そう思って、土を取り出して、びっくり!ものすごく硬い・・・。指で押しても穴さえ開かないくらい、乾燥しています。これは大変と言う事で、硬くなった土を柔らかくしました。(この土を買ったのはもう2年位前ですから、硬くなるのも当然ですよね)

 

まず、硬くなった土を、細かくちぎります。それから、全部ちぎった土に、霧吹きで水を含ませます。

DSCF0002

DSCF0003

DSCF0004

 

水を含ませた土を練っていくのですが、ここがなんとも気持ちいい。昔、土遊びをしたときを思いだします。ヌルヌル、ペチャペチャって感じです。

土をまとめていきます。この時は、粗練りです。固くなったところと柔らかくなったところを均一にしていきます。ここでは、念入りに粗練りをすることをお勧めします。粗練の説明はこちらです。

粗練が終わったら今度は、菊練りです。今回、結構土が多かったので、とってもやりやすかったです。
菊練りの説明はこちらです。最後にまとめて終了です。

DSCF0005

DSCF0006

DSCF0007

DSCF0008

 

今回作った縄文式土器は尖底土器という物、字のごとく、底の部分が尖っているものです。尖底土器は、縄文土器の早い時期に多く作られていました。また、現在では、その作り方を紹介した物によると、今回、私が作った方法が多く紹介されています。

その方法のひとつが、縁の部分から作っていくと言うもの。尖底土器は底の部分が尖っているため、型にはめるか、今回私が作った、縁部分から作っていく方法しかないと考えられてました。

それでは作り方です。まず、縁部分から作っていきます。後は、紐つくりで少しづつ絞り込みながら上へと、作って行きます。底の部分は、予め、底の部分だけ作っておいて後からくっ付ける。

DSCF0009

DSCF0011

DSCF0010

 

その後、ある程度乾いたら、手ろくろから切り離し、内側部分を整えます。そのとき、底部分の接続部分も整えます。

それから少し乾燥させて、縁部分をカンナなどで整えます。土台で使っているのは、園芸用の鉢スタンドです。ちなみに「ザ・鉢スタンド」だったと思います。(分かる人は分かると思いますが・・・。)

DSCF0012

DSCF0013

DSCF0014

 

一週間ほど乾燥させて、いよいよ、焼成です。焼成といっても初めてだったのでよく分かりません。

とりあえず、『いつでも、どこでも、縄文・室内陶芸―その辺のものを型とし、灰で乾燥、燠や炭で焼き上げてしまう画期的な技法!』を見ながらやってみました。

 

本には「内焼き」と紹介されています。そのまま器の中に炭を入れて焼く方法です。この方法は外側や底の部分は焼けにくいのですが、失敗が少ないとかかれています。

DSCF0016

DSCF0017

DSCF0019

 

本の通り、炭を入れて、空気が奥まで届くように、竹筒を入れておきます。それから、縁いっぱいまで炭を入れていきます。

0007_001

0007_002

0007_003

 

とにかく、時間がかかる・・・。10時ごろから初めて、1時間おきに写真を撮ったのですが、全然変わらない・・。上の3枚目の写真は、1時ごろの写真です。3時間も経っているのにこれだもの・・。

0007_004

 

あまりにも、変わり映えのしない写真だったので、私の昼ご飯の写真を撮って見ました。チラッとビールが移っているのは気にしないで下さい。(今日のメニューは冷製パスタです。)

0007_005

0007_006

0007_007

 

まだまだ、同じような写真は続きます・・・。上の3枚目の写真は、午後3時です。全然変わらない・・・。しかし火は付いているようです。

0007_008

0007_009

0007_010

 

とうとう、ドライヤー攻撃です!あまりにも変わり映えしないもんだから・・・。

0007_011

0007_012

0007_013

 

炭の詰めすぎが原因かと思い。全ての炭を一度出して、少し大きめの炭を詰め替えました。すると、ひびが入ってきました。かなりの温度上昇だったのでしょう。土の収縮がついていけなかったようです。

とりあえず、午後7時頃終わって、約9時間焼き続けましたが、全く焼けませんでした。本には、焼成時間約7時間と書かれています。空気の流れが無いので火が全然まわりませんでした。

やはり、いろいろと工夫する余地があるようです。

 

また、この本には、囲炉裏を使った成形、焼成方法が紹介されています。その方法を少し紹介しましょう。(本の内容をこんなところに書いて良いのでしょうか?良かったら、本を買ってください。売るのに貢献すればよいと思いますので・・・。)

 

今から、約1万年以上前、誰が始めたのか土器が作られました。その頃の人間の生活は、狩猟が主だったのです。そのため、簡単な住居を作りその中には囲炉裏が作られていました。その囲炉裏の周りで作られたのが、縄文式土器なのです。

柔らかい土や囲炉裏の灰につき刺すように置けるようにと、最初は、尖底土器が作られたのでしょう。本の中では、この灰を使って、尖底土器は作られたとかかれています。そして、そのまま乾燥した灰を土器に掛け乾燥させ、囲炉裏の火で焼成までやっていたのだと。

今回作った、尖底土器ですが、私が思うに、この方法が理に適っているのじゃないかと思います。それは、作っていて思いました。はっきり言って尖底土器を作るのは大変で、手ろくろから切り離したり、内側部分を整えたり、そんな事を縄文人がやっていたとは思いません。

 

そんな事なら、土器作りは伝わっていないでしょう。それと、囲炉裏で焼いてしまうと言う発想も大変興味が湧きました。大きい物はどうかと思いますが、今回作ったくらいの大きさだったら囲炉裏で焼く事も充分出来るでしょう。

 

というか、たぶんそうしていたのでしょう。

今回、縄文式土器を焼いて、とっても思った事がありました。この時代の人は、暇だったのかなぁ、と・・・。

 

= 反省 =

今回は失敗してしまいましたが、今度は囲炉裏を作って、焼いてみたいなぁって思いました。縄文式土器は、時間とこころの余裕がないと焼けないのかなぁ・・。

 

ショッピングインフォメーション

お客様への3つの約束

七輪陶芸の世界へようこそ! インフォメーション

弊社では「安心して買える商品をお届けする」ことを最も大切に考えています。商品ごとに厳格な審査基準を作り、安心してお届けできる商品のみを取り扱う、というポリシーを厳守しています。

ネット通販は「近所に売っていない商品も簡単にご購入いただける」「大きな商品もご自宅まで配送させていただく」などと利点も大きい反面、ご購入の際に少し不安が残るというお客様もいらっしゃると考えています。

そのようなお客様へ少しでも不安を解消いただけるように,徹底した検品、商品を熟知したカスタマーサポートの配置、詳細な商品説明文のご提供など、ご安心いただける仕組みを日々改善しております。

商品を買っていただくだけでなく、安心して買える商品をお届けし、その商品を通してお客様の生活に感動や変化をお届けしたいと考えています。

皆様のご支援のおかげで、現在はたくさんのお客様にご利用いただいております。私どものサービスが、お客様の生活をより豊かにするお手伝いが出来ますよういっそう尽力してまいります

七輪陶芸の世界へようこそ! インフォメーション

送料について

七輪陶芸の世界へようこそ! インフォメーション

配送料は1注文につき一律540円で配送可能!どんなに大きな梱包でも配送可能です。

ただし、一部商品につきまして2商品ご購入の場合に別途540円の送料をいただいております。その際は注文カート画面に注意書きが表示されます。

※沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。

お支払方法

支払い方法パーツ

配送業者について

商品の配送は、佐川急便に委託しております。一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。

なお、詳しくは、決済・配送・納期についてをご覧ください。

配送業者の都合上、お届けができない地域がございます。その際はご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。

※ただいま海外への出荷は承っておりません。

引渡し時期・出荷目安について

引渡し時期

商品は原則として2週間以内にお届けいたします。

ご注文時のカート画面での配送目安表示をご確認ください。配達時間はお客様が自由に指定することができますので、ご利用ください。

出荷目安

出荷目安はご注文から出荷手配が完了するまでの期間となります。

こちらは、土日祝日や年末年始、お盆休みを含まない営業日で計算しております。

※出荷目安が「即日出荷」の商品は、平日・土曜日の15:00まで(一部商品は平日14時、又は平日15時まで)の注文分を当日中に出荷いたします。日曜・祝日・年末年始・お盆の場合は翌営業日に出荷いたします。

キャンセル・返品について

キャンセル

原則として、ご注文後のキャンセルはお承りできません。

返品

お客様都合による返品はお承りできません。
初期不良、商品違いの場合、速やかに商品交換の手続きを行わせていただきます。
大変お手数おかけ致しますが、弊社サポートデスクまでご連絡ください。

ご質問お気づきの点はご遠慮なくサポートデスクまでお問い合わせください。
お買い物についてのお問い合わせ


è